Smile 中学受験

塾なし中学受験ブログ

👉データの活用の単元(平均値・最頻値・中央値・階級)改訂前予習シリーズにはこの単元は無かったよ💦

学習指導要領改訂による中学受験への影響にもアンテナ張ってないといけない。塾によっては、2021年からの追加プリントが配られ始めてますね。「2021年入試問題類題演習」というタイトルです。


2023組さんは、注意が必要かも。改訂前の予習シリーズにはデータの活用の単元ありません。小学校で習うの1月?2月?学校休むじゃん…

 


統計教育の学習指導要領改訂
「代表値(平均値・最頻値・中央値・階級)」を中1から小6へ移行
算数の教科書では、「データの活用」という単元になっているかと思いますが、この単元が導入された最初の入試が2021年で、娘の受験のときだったんですね。

 

最頻値とか、中央値とか、意味わかってますか?いやはやこれね... 市販の中学受験用問題集などには、まだ例題類題なにも載ってないしね... 

 

平均値 中央値 最頻値 

わかってないかもという方はこちらで確認しておくとよいかと思います。


 

 

👇この問題、解けるか、印刷して、お子さんに解かせてみてください

6年生要チェックです

『ついに2021年の中学入試で「データの活用」の単元がいくつかの中学で出題されました。保護者の皆様には「データの活用」という単元にあまり馴染みがないかもしれません。それもそのはずです。なぜならこの単元は、ごく最近導入された単元です。初めは高校の数学Ⅰという単元で必修(2012年)になりました。それが中学学習単元に降りてきて、今現在、小学校の学習内容にも入ってきました。』

 

 

2021年相洋中学校の問題

『今回の問題は、統計分野における処理能力、分析能力を測る問題として出題させていただきました。きっかけは学習指導要領の変更です。中央値、平均値、最頻値は、これまで中学校の数学で扱っていましたが、2020年度より小学校で扱うようになったため取り上げました。

小学校の教科書を見てみると、この内容は最後に載っています。コロナの関係で、もしかすると授業で扱えなかった可能性もあります。それを踏まえて、最初に中央値、平均値、最頻値がどういうものかを紹介し、これらを知らなかった受験生にも「そういうものなんだ」ということを把握した上で、取り組んでもらえるようにしました。』

 

2021年青山学院中等部の問題

 

まあね、6年算数、『教科書の一番最後の単元』なんて...中学受験前に終わってない可能性あるよね。1月2月3月に授業でやるところじゃないかしらね。ただでさえ特殊算とか中学受験算数やることいっぱいあるのに、公立高校入試レベルの単元が追加されたと...

まあ... データサイエンス、ビッグデータ活用、トレンドですからね...

 

 

塾なし受験の方や、学習指導要領改訂には疎い塾にお通いの方は、こちら、公立高校受験用ではありますが、私立中学入試はこのレベル出ますので、内容に目を通して知っておくべき!とおすすめします。実際中学1年生の3学期の単元でも使いますから、持っておくと定期テスト対策によいです。我が家もpdf購入しましたーそして誤植を発見しちょっとサービスをしてもらいましたー笑 今は正しい内容で販売されているはず。

知っていたらできたのに。そんなの悔やまれますからね。対策すればいいだけです。