Smile中学受験

Twitterやblogで引用するときはURLのリンクでお願いします コピペ・スクショでの拡散禁止

👉過去5年国語の集団塾講師をしていて、この数年は国語の家庭教師をしていて、教え子の偏差値は10~30上げることに成功しています

私が教えている国語のエッセンスを感じていただけたら、と、教材の一部を貼りつけしてみますね。一緒に解いて読み方を徹底させるため、”読解の宿題は一切出しません”。模写の宿題と速読の宿題と語彙・接続詞の宿題を出しています。オンライン指導はお受けしていません。目の動きから速読のスピードを、手の動きから問題文へのマーキングを、しっかり見せていただき、本番で戦える実践力を養うためです。オンラインではそのあたりのアドバイスができません。

 

【国語 記述の正答ポイント】
●「なぜですか」と聞かれたら「~から。」と答える→文末注意
「どういうことか」と聞かれたら「~こと。」と答える→文末注意
●記述 理由説明なのか、対比なのか、例示なのか、どの構文を使うか考えて書く。
●表現技法についての問題は、その効果を考える。
・問題提起をしている ・文章にリズム感を与えている
・読者に興味を持たせる効果がある ・言葉の印象を強くしている
・余韻を持たせる効果がある ・具体的に説明しわかりやすくしている など


【国語 記述の減点ポイント】
●問いに対して、答えが対応していない。(文末注意)
●具体例を並べただけで結論がない。
●比喩的、抽象的な表現がそのままになっている。

 

【読解のマーキング】

接続詞は△で囲む

キーワードは◯で囲む

対比は⇔を書き込む

 

【速読】

意味段落で大事なところはややゆっくり読む。

意味段落で重要な段落には上に★をつけておく。

何について書かれた文章か掴むために、出典と作者名は先に読む。

附属校の長文は問題文を全部読んでからではなく読みながら解く。ただし物語文はさいごにどんでん返しがあるかもしれないので、できれば最後まで読んでから解く。指示語や抜き出し問題は解いていってもよい。

 

【理由説明の構文】
誰が 何を どうしたから。
主語、目的語、述語、それから、文末が「~から」で終わっていないと点がもらえない。

《模範解答》ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私を呼び捨てにし怒鳴り声やげんこつを浴びせる父が、(誰が)
他人行儀な「殿」つきの手紙を(何を)
とつぜん私によこしたから。(どうしたから)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【理由説明の構文+心情】
「誰が、何を、どうしたから、
(私は) 〇〇(心情語)だった。」
ねこが死んだから悲しかった、 に、 どんな?で肉付けして、
10年かわいがってきたねこが突然死んだから、悲しみに暮れる気持ち。
どんなねこが?どんなふうに?を、キーワードで足す。

 

【対比の構文】
「AはBなのに、CはDだから、こう思った。」
A、B、C、Dを決めて、余白にメモしてから、記述のお弁当箱に書き始めると、うまくいく。
A、B、C、Dが入っていたら少なくとも部分点。
《模範解答》ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
てっきり息子は 男の友達と おにぎりを 食べていると思ったのに、
思いがけず女の子に おにぎりのお礼を 言われたので、母はとまどったから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
男の友達↔女の子 主語にあたる
おにぎりを↔おにぎりのお礼を 目的語にあたる
食べている↔言われた 述語にあたる
誰に(誰と)、何を、どうした、という、主語、目的語、述語の3つを対比してぶつけている構文何と何を対
比して書いたらいいのか問題用紙の余白に↔メモをしてから、書き始める。
《模範解答》ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
望遠鏡で見ればどんな遠くの星でも大きく見えると思ったのに、実際は
肉眼で見るのと同じ大きさの星が見えただけだったので、不思議に思った
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【構文集】
一方では〇〇~、他方では××~。(対比の構文)
〇〇でありながら、××でもある。(並列の構文)

◯◯すると同時に、××する。(並列の構文)
初めは〇〇だったが、次第に××~。(状況の変化の構文)
初めは○○だったが、××が××を××することにより、次第に◎◎となった。
今までは◯◯と気づいていなかったが、××により◯◯と思うようになった。

 

【物語文】
物語文の場合、「主人公が"誰かによる働き"により、こう変わった。」という点が設問になる。主語、目的語、述語、主語、心情語を欠かさない。

葛藤 二つの気持ちを書かないと点がもらえない。
・誇らしくも照れくさい気持ち。
・喜びつつもいぶかしむ気持ち。
・尊敬しつつもひがむ気持ち。
・安心すると同時に寂しく思う気持ち。
・意地を張って××したが、本心では○○な気持ち。
・恥ずかしいが真実を知りたい探究心。

 

心情語
途方に暮れている。
ぼう然としている。
混乱している。
やるせない気持ち。
何も考えられない状態。
万策尽きてうなだれている。

 

【物語文】
物語文は
変化、覚醒、成長、葛藤、虚無、混乱、といった心の動きが設問になる。

 

【今日の問題文と解答に使われていた構文集】
○○と思いつつも、◎◎という気持ち。
○○ではありながら、実は◎◎という気持ち。
○○ではありながら、少し◎◎という気持ち。
○○だが、一方では◎◎という気持ち。
○○だが、素直に◎◎と言えない気持ち。
○○だが、強がって正直に◎◎と言えない気持ち。