👉【国語偏差値UP】入試過去問題の著作権処理について 詳しく知りたい方は「早稲田大学アカデミックソリューション」の記事が参考になるよ

 

入試過去問題の著作権処理 

 

入試過去問題の著作権処理。

この著作権問題があるので、内情を知っている人には、中学受験の出典は予想しやすいのですね。

 

過去に入試問題として扱われたことがある作家さんの作品は、特に使いやすいですよね。著作権OK出してくれる人だとわかっているから。

 

👉権利者は人力で探します! 入試過去問題の著作権処理 | 早稲田大学アカデミックソリューション

 

出版社へ問い合わせをして権利の所在を明らかにする
↓
作者(権利者や代理人など)に文書やメールで使用許諾をもらう
↓
条件とともに許諾情報を管理
↓
許諾が取れた問題は公開、それ以外は非公開として問題用紙を編集
↓
編集された問題用紙データを納品
↓
許諾が新たに取れた場合、問題集を再編集して納品

↓

学校のホームページに掲載される・過去問として販売される   

 

問題集作成などの場合もこれと同じプロセスを経ないといけないので、著作権処理がめんどくさいうえに費用もかかるため、オリジナルで国語のテキストを作る塾は少なく、予習シリーズか、過去問を使っていると思います。

 

 

 

←過去問の点数管理に便利