👉受かる子はどの塾に行っていたって受かるとかいうけど

👆 二月の勝者の最新刊16巻は 

9月12日発売 ですね。

Amazonで予約が始まりました。

 

受かる子はどの塾に行っていたって受かるとかいいますけど、どの塾でどんなテキスト使ってどんなこと習っているのかは気になっていました。どこかでインプットしてこないとアウトプットされないはずですから。テストの点数に差がついている何かがあるわけですから。サピックスのテキストもおさがりをいただいたし、早稲アカの上位校とかマスターテキストとかも拝見しました。

 

塾講師をしていたとき、校長が、「こんなの習ってない」って言われるのが一番きつい、って言っていました。え? 校長、「初見問題に強くなろう!」とか口癖のように言ってなかったっけ?...と思ったけど口に出さずに飲み込みました。初見問題がないくらい塾でしっかり網羅したらいいんですけれどそうなると教えることが膨大になりますしね... 塾によって教えている/教えていないが出てしまうのは仕方ないのでしょうね...

 

中学受験生の親だったころ、模試で間違った問題を眺めて、いやーこれ我が子は今まで知らずにきちゃったけど、正答率8%かー...知ってた8%の子はこれどこで覚えてきたんだろうな?うち、テキストはくまなく眺めてきたけどな?と思ったこともあったな。

 

みんな何を副教材に使ってるん?よその塾ではどんなプリント配ってるん?...っていう疑問は、家庭教師をするようになっていろいろ見えてきたところはあります。

 

理社に関してはサピックスが強いなぁと思ってしまう。予習シリーズの弱点だったなと思うところはちょこちょこ記事にしているので、見ていただけたらと思います。予習シリーズ改訂でカバーされていてほしいです。