Smile中学受験

Twitterやblogで引用するときはURLのリンクでお願いします コピペ・スクショでの拡散禁止

👉いくら鉄則を教えたって駄目 国語は自分で鉄則を作り上げていかなきゃ

 

いくら鉄則を教えてもだめ
内なる自然言語から
言葉を紡ぎだせるようにならなくては

 

自分の内なる言語獲得装置を経ることなく言語が身に着くことはない

私は英文科卒で、3年4年のゼミは言語学。チョムスキーを学びました。卒論は「幼児の言語習得」でした。英語でA4に70枚以上書くことが卒論の条件で、なかなかしんどかったですが、子育てに役立ったので今さらながらいいテーマを選んだなと思います。

 

チョムスキー言語学の言語獲得のモデルは、

 

個別言語のデータをインプットする

↓

人間の精神上にあるとされる

Language acquisition device (=LAD)

言語獲得装置というモジュールを経て

↓

個別言語の文法を獲得する

 

とされています。LADを経て個別言語の文法を自分で構築せずに、「解き方」だとか「鉄則」だとか、これはこう、こうやって解くもの、と言われたって、ピンとくるはずがないんです。これが鉄則だから、これがルールだから、って言われて、ハイそうですか、とはならない。国語の参考書買って成績上がりましたか?私はマーキングの仕方や、選択肢の絞り方や、現代文への取り組み方の姿勢についての参考書はおすすめしますが、鉄則系の参考書はおすすめしていません。 演習をしながら、こう読むべきだったね、こう考えるべきだったね、とコツコツやっていくしかないです。解いたあとに紙ペラ一枚でいいから、「今回学んだことまとめ」を書いて、自分で鉄則を作っていくしかないんです。

 

根気強く働きかけて、子どもの内にあるLAD(言語獲得装置)を経て、アウトプットされてくるのを待つしかない。子どもの様子をよく観察しながら、ひたすら個別言語のデータを与え、子ども自身が獲得した個別言語の文法が出てくるものを待つしかない。中学受験の国語はある程度子どもの精神面の成長を待たないといけないとか言うけれど、ただ待つのではなく適切なインプットをしてやったうえで待つ。種を撒かないと目は出ないし花も咲かないし実も結ばない。言語学者のフンボルトは、「言語を本当の意味で教えるということは出来ない。出来ることは、言語が心の内で自発的に発展できるような条件を与えることだけである。」と言っています。

 

指導者としては、子どもの発した言葉をよく聞いて、書いた文章をよく見て、弱いと思われる語彙や文法事項のインプットを増やして、働きかけをしてやることが大事。解いた跡を細やかに見てもらいにくい集団塾では、国語の伸びには限界があるよな、って思います。

 

言語習得装置の理論をわかっていない国語の先生だと、生徒が伸び悩む気がしますよ... 語彙だけ、読み方だけを詰め込んでも、記述問題でアウトプットされてはこないですからね...  現代文の語彙集を買い与えてはいコレやってね、というのではなく、親御さんができるだけ日常生活でそれらの語句を使うようにするとか、文法力や構文力であれば、日常会話から気を付けてやるとか、正しい文法構造の文章の模写をさせて、系統立てて記述力を伸ばすための工夫をしてやるとか。また、親御さんや先生からの働きかけ、声かけが、子どもを伸ばすと思っています。

 

佐藤ママの、幼児期に、読み聞かせを一万冊。これは理にかなっています。私も子どもが小学校にあがるまでは専業主婦で、ここに力を入れました。臨界期より前に言葉のシャワーを浴びているとなると、個別言語のデータの蓄積量が違いますから。