👉過去問をやるようになったら気をつけて 字の大きさと文字数 解答欄からはみ出さない 解答枠を踏まない

 

 

 

 

我が家、過去問をやるようになってから、さらに、筆圧と文字の大きさを矯正しました。

 

近年、以前にも増して、中学受験にデジタル採点を導入する学校が増えているため、とにかく、解答欄からはみ出さないように注意。加えて、解答枠を踏んではいけない。四谷の週テストや組分けテストの漢字採点でも、枠に触れていたり、枠を踏み越えているとバツにされていました。

 

娘は、字が、大きい。はっきりとしていて見やすいのだけれども、大きかった。

 

解答欄からはみ出ていると減点対象とする学校も多いと思います。中学受験の国語の記述は、だいたい8ミリくらいの文字で埋めていくのがよいとされています。レポート用紙のA罫で、7ミリだから、それよりひとまわりくらい大きい感じが目安。

 

お通いの塾に相談して、どれくらいの大きさの字で埋めていったらいいのか、過去の合格者の方の過去問コピーがあれば見せてほしい、とお願いしてみるといいと思います。

 

そうなると声教の模範解答、これは長すぎじゃないかなー、枠におさまらんだろーなーというのもあり、ご家庭では、何を目安に過去問採点したらいいのやら、となりますよね、秋の説明会で学校からの公式解答を待ったり、説明会でおたずねになったりするのもいいと思います。