👉学校説明会で聞いていました「方程式は使っていいですか?」

 

学校説明会で聞いていました
「方程式は使っていいですか?」

 

5年生の夏休みにみっちり方程式を叩き込んだのがよかったです

我が家、5年生の夏、私の仕事が休みになるお盆休みの間に、方程式を特訓しました。代入法も、連立方程式も。(中学1年生の数学がめちゃくちゃ楽でした。)

 

特殊算も方程式も、一応両方使えるようにはしておきました。(切手の取り違え算とか、方程式のほうがラクなときは方程式使って、特殊算でいったほうが早いときは特殊算を使って、6年春には、器用に使い分けできるようになってました。)だって小学5年小学6年、英語の勉強もバリバリやらせたいところを、わざわざセーブして中学受験勉強するのですから、中学入学後には役立たない特殊算なんて、できればあまりやらせたくない。算数は、ぱっぱとミスなく答えが出るものならなんでも使う派でした。みはじもくもわもしのうぜもアリ。方程式はアリアリ。

 

志望校の先生に聞いてみたらよいのです「方程式を使って解いてもいいですか」

学校説明会では、「方程式を使って解いても構いませんか?」とおたずねしましたら、説明会に参加した全ての学校で、「使ってもよい」という回答で、さらには「むしろこちらとしては望ましいです」という学校すらありました。志望校の先生が使ってよいというなら使ってよいのです。中学入学後は使わない、中学受験のためだけの勉強をしなくてもいいわけです。万が一の全落ちでも、中学進学後でも役立つ無駄にならない勉強をしていた、と思えるのであれば、「これもいい経験」とすることができるかも、と思っていたのもあります。

 

募集要項で明示してる学校もありますね

メイジがメイジしているとか寒いこと思いついてしまってごめんなさい.... たとえば明大明治さん。 

以下引用

「式や考え方」では,線分図や面積図,場合によっては方程式を使って説明してもかまいません。

引用終わり

 

方程式OKなんですね。「方程式でも構わない」と言ってくださっているなら、遠慮なく使えますよね。

 

思考力を問うなら、特殊算ではなく、数と規則、場合の数など、数学B的な問題で出題されているような気がします。(だから四谷大塚の後期のカリキュラムは3回に1回が数と規則で、ツクコマ+男子御三家対応と言われています。)我が家、塾なし新5年スタート、受験勉強2年間で、よく間に合ったなと思うのですが、そもそも、それくらいの勉強期間で、なんとかなるものなのかもしれません。

 

学校説明会で、先生に過去問の内容についていろいろお尋ねするためにも、親だけは過去問を早めに見ておき、出題についての疑問点はまとめておくと良いかと思います。"過去問を見てきている"  "入試問題を研究している" "ぜひ入学させたいと思っている"という、熱意は伝わるのではないでしょうか。先生方は、「お母様よく研究されていますね」と、快くお答えくださいましたよ。