👉本当に国語が酷語で困っています?ちょっとラインマーカーをひいてやる

 

下剋上桜井さんがなさっていた、親が一度読んで、ラインマーカーをひいた問題文を渡し、それで解いてもらう、を実践してみるのはどうでしょうか。

 

・段落の、最初と最後のセンテンスには大事なことが書かれがち

・抽象的に要約されまとめられている部分には☆マークをつける

・キーワードは◯で囲む

 

これくらいざっとマーキングをしたものをお子さんに渡す。

 

とにかく慣れて読めるようにしなくちゃいけないから。

 

もし、家庭教師をつけていらっしゃるようなら、家庭教師の先生が解いた問題文や、先生の教え子で国語の偏差値が高い子の問題文を見せてもらい、どんな風にマーキングをして解いているかを見せてもらうと、参考になってよいかと思います。

 

ラインマーカーひいて、大事なところはどこなのか読み取らせたあと、ラインマーカーなしの問題文をもう一度自分で黙読してみると、さらに良いようですよ。