👉国語力が低下している?それは語彙力がないせい?

 

わかる.... ほんとそう......

 

 

国語が苦手、という場合、語彙を持ち合わせていないことが原因というケースが多い。語彙が乏しいと、文章を読んでもわからない(読解が苦手)、加えて、自分の考えも表現出来ない(記述が苦手)。英語学習でもとにかく単語を暗記しなくては文章が読みこなせないのと同様です。

 

語彙力がないと、問題文を読みこなせないだけではなく、選択肢を絞り込むことができない。ちょっとした言葉のニュアンスの誤解からの失点など。親が思う以上に、言葉を知りません。やみくもに読書させてもダメですね、ここは語彙集に頼る。例えば、娘がテストの選択肢問題で間違えた「誇張」。良いことにも悪いことにも使われますが、誇張する=良く見せる、と誤ったイメージを持っていたがために、選択肢を選び損ねました。

 

おすすめ1 

四谷大塚監修 国語力がアップすることば1200 

5年の夏休みに終わらせたのはこちら。中身は書き込み式です。

 

おすすめ2 国語力を高める語彙1560

5年の夏休み以降、使った語彙集はこちら。中学生向けですが、中学受験の難関校にはちょうど良いレベル。こちらの教材、早稲アカに通う高校受験を考える中学生が使用していることでも有名。我が家は、パラパラと眺めて読むだけというゆるい使い方をしていました。気になるところがあれば音読するといいです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国語力を高める語彙1560 中学 (自由自在Pocket) [ 中学教育研究会 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/5/30時点)

楽天で購入