👉これどこかで流行ってるんですか?間違った問題の理由について子どもに書かせる?

 

 

これどこかで流行ってるんですか?このごろ行く先々でよく見かけるんです…どこかの塾のどこかの校舎で指示されていたりもするようで…

 

・誤答
・正答
・間違えた理由
・二度と間違えないようにするには←👀怖っ

同じところ間違うことなんて普通にあるよ

二度と間違うなよと?圧がすごいんじゃー 

 


この四項目の欄をノートに作って、お子さんに一問一問間違った問題について、反省を書かせている…


いや... そんな間違えた理由なんて、計算ミスした、そもそも解ける力量がなかった、それくらいでしょうに... ミスの原因は子どもが寝たあとにパラパラとノートの解き跡を見て親が察してあげたらいいのに…

 

 

毎回毎回「なぜ間違ったか書け」なんて時間の無駄じゃないです?
反省の一行も積もれば何行になるんでしょう?手が疲れないですか?
お子さんは責められてると感じたりはしないものです?

 

 

正直なところ「あーこんなの無駄無駄!なぜ間違ったかいちいち分析して書かせるくらいなら、さっさともう一度解き直せ!答え見ていいから解き方覚えてしまえ!」って思うけど、効果がある方もいらっしゃるのかな???

 


我が家は「計算ミスでもミスはミス。つべこべ言わずに解きなおせ。」


振り返りは◎○△×の4種類のマークをつけるだけでした。

 


言語学的には刷り込みって怖くて、子どもが自分自身について直筆でネガティブな言葉を書くことを習慣にするって、おすすめできないですよ。「問題文の意味がわからなかった」「全然わからなかった」「解き方を知らなかった」「字が汚くて筆算で数字を読み違えた」とか、子どもが毎日毎日自分のダメなとこノートに書き続けるんですか.........うーん.........