👉講習会内容はよく聞いて申し込んだほうがいい

学習塾の時間講師をしていて思ったこと。

 

夏期講習の内容を事前に詳しく提示しない塾、講習会の講師が日ごとにコロコロ変わりFIXしていない塾は… 慢性的に人手不足なんだろうな。「急募!予習シリーズが教えられる先生」とか、メールがまわってきますから...

 

 

しかし、誰から何を習うかわからないのに高額な料金出せと言うんですかね?

内容よく聞いて申し込んだほうがいいと思います。担当の先生が誰なのかも。

 

自分の受け持ちのコマを進めておき、夏以降どこかで休んでも回るようにしておくことしか考えてない先生って、夏期講習中にも、後期の通常授業テキスト進めたりするんです。

 

それなのに『夏期講習では先取りするから』って、取らないとついていけない風に煽るんです。

 

夏は先取りよりも、既に習った単元の穴を完全に塞ぐ、『パテ職人』になるべきだと思うのですけれども。

 

夏期講習はこのテキストで進めて、このように小テストが組まれて、と、カリキュラムがしっかりしている塾の夏期講習がいいと思います。

(個人的には夏期講習はサピックスに通わせたかったです。算数のテキストがすごくいいし、社会はデータバンクもらえますし。結局自宅学習にしてしまったけれど。)

やたらとプリントやらせるばかりで、先生ただ座ってるだけとか。ちょろっと解説して終わりとか。それであの講習料いただいちゃうの?と思ってました。

 

夏期講習は、カリキュラムを明示している、という塾が信頼できるのではと思います。

 

季節講習会は、入塾金・入室金不要というところがほとんどですから、講習会だけ他塾に浮気…ということもできるので、内容よく比較してみることも必要かなと思います。

他塾よりも、通い慣れた塾がいいだろう、いつもの先生で、と思うも、いざ講習会に行ってみたら、いつもの先生ではない、ということもあります。夏は人手不足だから、好条件でヘッドハンティングされて講習会だけ他塾に行っちゃう大学生の先生もいたりします... 

 

f:id:smile2021:20210219004711p:plain