👉6年後期の週テスト

f:id:smile2021:20200514181743p:plain

『6年後期からは週テスト受けてる場合じゃないよ、時間ないよ、週テスト切る人も多いよ』と、聞いていたのですが…

夏休み後半、予習シリーズ6下を進めておいたので、週のカリキュラムには余裕があり、思っていたより時間があります。水曜日はまるっと過去問を解く時間に充てられる。

 

うちは、週テストが相変わらずよいペースメーカーになっています。偏差値見てません、正当率も見てません、点数だけ見てます。

 

夏休みに後期カリキュラムを眺めて、娘の志望校にこんなに数と規則いらんな…じゃあ週テストもいらんかな…3回に1回は休むかな…と思っていたのですが、実際受けてみて、さほど数と規則に出題が片寄っている感じはしません。

今のところ自宅受験でお休みなく提出しています。

 

理科と社会のテストも、直前対策という感じが出ていて、ほぼ、穴はなく仕上がっているけれど、『へー知らなかった』とか『そこまでは覚えていなかった』という問題を出してくれますし。

国語は漢字と記述の採点を毎週してもらえるのがよいですし。

 

間違った問題の類題をAIが出してくれるのもよいです。

復習ナビで動画解説が観られるのもよいです。

 

国算50分、理社35分で解くことに慣れると、週テストを基準にした体感が出来上がっているので、この学校は週テストより5分短くて大問が1つ多いな、とか、ペース配分をざっと掴むのにも役立っています。

 

テスト会から始まっているという四谷大塚。なんだかんだ言ってよくできているんですよね。

算数だけ使い回し問題がちょっとあるのを除けば…ここは新作でお願いしたいな…

最後まで週テストでお世話になります。