Smile 中学受験

塾なし中学受験ブログ

👉直前期に気づいた!時計算が弱点!?

f:id:smile2021:20200514181743p:plain

 

直前期に気づいた!時計算が弱点!?

 

時計算 速さの単元でちょこちょこと出てくる問題ですが

予習シリーズでは
5年下 第11回
6年上 第17回 に出てきます。


いまいちまとまってなくて、某家庭教師のブログによると四谷の弱点だそうで。

確かに。

(予習シリーズの弱点と書かれていてなるほどと思ったのは、時計算の他に、和と差に関する問題。5年冬のサピックスオープン受けたときも感じました。予習シリーズ使っている人は、個人的に補強しておくべきです。)

 

脱線しましたが...

長針と短針が重なるときと、一直線になるとき、全てのケースを一度計算させ、その答えをばーっと書き出して、うん、見たことある数字、と目になじむまでトイレに貼りました。(丸暗記よくないですが...算数苦手女子、点数取るためならなんでもやる)

うん、分母はいつも11だね。

 

ご参考までに↓

●長針と短針が重なる時刻
0 時 0 分
1 時 5・5/11 分
2 時 10・10/11 分
3 時 16・4/11 分
4 時 21・9/11 分
5 時 27・3/11 分
6 時 32・8/11 分
7 時 38・2/11 分
8 時 43・7/11 分
9 時 49・1/11 分
10 時 54・6/11 分
11時台 なし
︙
1 日で 22 回重なる


●長針と短針が一直線になる時刻
0 時 0 分
1 時 38・2/11 分
2 時 43・7/11 分
3 時 49・1/11 分
4 時 54・6/11 分
5 時 なし
6 時 0 分
7 時 5・5/11 分
8 時 10・10/11 分
9 時 16・4/11 分
10 時 21・9/11 分
11 時 27・3/11 分
12 時 32・8/11 分
︙
1 日で 22 回一直線になる

 

娘はちょこちょこスパイラルするよりは、一回ガツッと深堀りして、典型題を解いて解いて解きまくって定着させると、成績の伸びがよいタイプでした。

 

時計算を深めるために、きょうこ先生のテキストやら、過去問やら、学校別予習シリーズやら、いろいろなところから問題コピーしてきて、一冊のノートにしました。

 

「時計算は私の得点源」と言えるところまでやり尽くしました。

みはじ丸も使いますよ、わかりやすいメモとして。解きやすいならなんでもあり。

(画像は敢えて暗くしています)

算数のノートの画像、参考になるので、もう少し見せてもらえるとうれしいとのコメントをいただき...いくつか載せてみます。

最後の合不合で大胆な計算間違いを3つやらかし、18点もなくなり、「それでも80%出てるんだからいいだろ!わたしなりにちゃんとやってる!」と開き直り逆ギレされたので、「真剣さが足りない。点数に執念が足りない。そんな調子じゃ落ちるよ?」と叱って泣かせてから、年明けのノートは、式のスペースと筆算のスペースをきちんと分けるようになってます。受験直前期に泣かせてます。っていうかこっちが泣きたかったよ。直前期の親のメンタルよ... (T_T)

f:id:smile2021:20210703133056j:plain

年明けから、白いまま取ってあったノート右側を解禁。

直前期、何やらせよう?と迷うこともなかったので、ノート作り溜めていてよかったです。年末から、「とってあった右側、どんどん書いてやっていこう。」と。

1月に解いたときは、右側に線をひき、式と、筆算スペースを分けています ↓ 

f:id:smile2021:20210703133111j:plain

f:id:smile2021:20210703133131j:plain

 ↓ 適当な暗算で痛い目をみてから慎重に筆算しています... 

 本当に算数得意な子はこういうことしないのでしょうけれども...

f:id:smile2021:20210703133148j:plain

f:id:smile2021:20210703133200j:plain

f:id:smile2021:20210703133219j:plain

 

うーん。これは、補強用にノート作ったほうがいいな、と、類題を集めまくったものは、

 

・時計算

・立体切断

・容器と水量(進学くらぶにお電話して、容器と水量は、淑徳与野と法政で頻出なので過去問を見るといいかもというアドバイスでした。)

・円の角度の問題 

 

容器と水量の問題は、手筋の立体のほうにまとまって類題があるのと、原田式算数プリントにも類題が多くあります。

水そうとグラフ⑴ - 階段型水そう

水そう⑷ - 棒入れ①

 

 

今回、ヘクトパスカルさんが、第二回合不合判定テストの対策問題をUPしてくださっていて、時計算も、容器と水量も、問題に入っているので、ちょっと見てみてはいかがでしょうか。

 

苦手単元のノートを作りました。

f:id:smile2021:20210703134021j:plain

苦手な単元があるなら、母が一肌脱ぎましょう。

 

一肌脱ぐ(ひとはだぬぐ)の由来とは...

「本気になって仕事をするとき、着物の袖が邪魔にならないよう、片方の身ごろを脱ぐことから。全面的に力を貸す場合は、両方の身ごろを脱いで上半身裸にするという意味で「諸肌脱ぐ」(もろはだぬぐ)という。


へぇ~

それなら私もう日々全裸でしたね!


f:id:smile2021:20210219004711p:plain