👉国語は解説をじっくり読む

国語で心がけていたこと。

徹底的に解説を読む。

国語については、あまり、というか、ほとんど、予習ナビ使いませんでした。

 

口頭での説明を聞いて理解できても仕方ない

黙読して「読んでわかろうとする」トレーニングを積み重ねるべき

 

 

予習シリーズ、本体よりも解説のほうが分厚いですよね。

解説をじっくり読むことで、成績が上がるように思います。

読書量を増やすよりも、問題集の解説を読み込むことに時間をかけていました。

週テストや模試も、全問正解だったとしても、解説はじっくり読ませていました。

この考え方、この解き方でよかったのか、確固たる実力にするために。

 

合不合の国語、偏差値67を下回ることがなく、失点している部分は数問でしたが、解説は、合っている部分についても、じっくり読ませていました。

週テストでも復習ナビはあまり使いませんでした。国語は、聞くより読むべき。

 

国語に時間をかけているけど伸びない、というとき、問題文を「読む」、解説を「読む」、「読むこと」にどれだけ時間かけているか、見直してみるといいのかな...

 

個別やカテキョを投入しても、意外と「聞く」時間が多く、「読む」時間が少なかったりするのかなと思います... 

 

娘はとにかく国語が強かったです。

f:id:smile2021:20210207145654p:plain

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ

f:id:smile2021:20210219004711p:plain