👉コメントにお返事(17) 

f:id:smile2021:20210820131337p:plain

え...ナビでの解説が一部...って...  2年前と比較して大幅に少なくなっているのでしょうか?

下巻の準備…うちは先取りをした、と言えるのは算数の比と方程式くらいで、5年夏休みはほぼ復習だったように思います。そもそも5年生2月から受験勉強開始だったので、復習というか4年生の算数もやっていました。(方陣算とか植木算とか)

 

コツコツ夏期講習テキストしっかり潰していくのが吉、のような気がします。夏の終わりに組分けテストありますよね。うちは、5年生のとき、お盆明けたら組分け対策を頑張っていました。

 

先取り...算数の比だけでもある程度基本的なことがわかっていると、後期、理科社会に時間が割けるのもあって、少し楽になるのかなって。算数時間かかりますから...

あと、5年後期、気を付けておかないといけないのが、国語の文法。予習シリーズにもパラパラ演習問題にもパラパラと、文法問題があって、毎週金曜日の週テスト前に、「文法!やばいっ!何も見てない!」ってなってましたね...

国語の文法は、あっちのページにこっちのページにとまとまっていないのでコピー取り、文法ノートを作っていました。四科のまとめには、文法がまとまってるので、こっち見たほうがわかりやすいかもしれません。

 

2年前の9月1日の組分け。暑い中保冷剤を持って娘とでかけたなぁ…組分け会場近くのジョナサンで待機してひたすら後期のノート貼りしていたなぁ…と懐かしく思い出されます...

塾講師の経験からの印象も、受験生の母の経験からの印象も、講習会前の模試や組分けは難しめで『講習会受けなきゃ』と不安を煽り課金させ、講習会後の模試や組分けは易しめで『講習会受けてよかった』と安堵させる、鞭からの飴、って感じがします。

夏休み頑張ったから結構解けた、という感触を子どもたちに持ってほしいから、基礎問題多めって聞きますけど、どうなのでしょう。

こちらでも書きましたけど、理科は夏の終わりにコアプラス取り入れたら良かったなと思いました。2年前は思いのほか基礎問題が出ていました。

👉夏の過ごし方を振り返ってみた - Smile 中学受験

 

f:id:smile2021:20210820132303p:plain

わざわざ買ったりせず、適当にネットでプリントを印刷したような気がします。

 

最初は、実は、こういう方法があるんだよ、方程式でも解けるんだよ、と、ざっくり娘に説明するはずが、娘はふんふんこりゃ使いやすいわわかりやすいわ、としっくりきていました。方程式使ってもいいし、中学受験算数のやり方で説いてもいいし、使い分けながら、受験本番まで乗り切った感じです。

方程式には是非がありますが、うちは使う派です。使えるものは何でも使う派です。

 

とある男さんのYouTubeとか、親子で観てみるのどうですかね?

最初のほうの動画は、□と△が、xとyになっただけのようなもんです。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ

f:id:smile2021:20210219004711p:plain