👉ママ塾ですごいですね?

コメントいただきました。

 

いやいや、我が家、全然ママ塾じゃないですよ?

5年前期後期、6年前期は、主軸は進学くらぶ。

進学くらぶコース料金改変前だったので、今よりも高かったですね。

塾なしだけど意外とかかってるのね、と思うか、あらずいぶんかかってないわね、と思うかは、人によると思いますけれど...


私が教えられたのは、国語だけ。(国語の塾講師をしていたので)

算数は、出遅れスタートでやってなかった4年算数を駆け足で教えたのと、5年算数の前期、5年夏休みまで。

5年後期からは予習ナビとすぐるゼミ参考にしながら、娘が自分でがんばってくれました。

気軽に聞ける人がいない、頼れない、でも塾には行きたくない(本人曰く時間の無駄が多いと感じてイライラしてしまうらしい)、自分でなんとかするしかない、という踏ん張りがあったので、他人任せにしなかったから力がついたのかな?と思ったりします。

 

5年生後期気をつけるべきことを教えてください

 

◆予習ナビをしっかりと活用する。

我が家は、5年後期、算数、理科、社会、予習ナビをしっかり観て身につけていきましたから、今、Zoom授業になっちゃった、とか、オンデマンド授業になっちゃった、とか、5年生後期、不安なところもあると思うんですけれども、予習ナビをしっかりと活用して、新単元を頭に入れてから、演習をしっかりやることで、大丈夫だと思うんです。

(予習ナビ。6年前期はちょろちょろわからないところだけ観て、6年後期は観ませんでした。週テストの復習ナビは解けなかった問題の、観てたかな。)

 

演習問題集、解いたら、すぐるゼミ、見たほうがいいです。特に理科の物理単元。

 

社会と理科の、応用演習問題集は、買ったほうがいいです。サピックス生と比較すると、5年生で圧倒的に演習が足りてません... 5年生の実力で解ける問題が集められている、5年下の応用演習問題集、大事だと思います。

 

◆我が家は、演習問題集の「まとめてみよう」は、まとめませんでした。

答えを拡大コピーして、先に暗記。まとまってるものがあるならまとめて暗記しちゃう。わざわざ自分でまとめることに時間使わない。時間もったいない。

サピックスのテキストには、「まとめてみよう」風のページが無い。どんどん演習して身につけていくスタイル。「まとめてみよう」も、2色刷りで下敷きで隠せる、サピックスのデイリーチェックスタイルだといいのになと思っていました。

 

塾で教えていて思いましたが、ご両親に私立中の受験経験がない方にありがち、理科も社会も、まずノートにまとめて、そこが勉強の開始。

いやいや、公立の定期テスト対策じゃありませんから... まとまってるものがあるならそれを使っていく。いちいち自分でまとめ直してる時間、中学受験には、無い気がします。

苦手そうな単元のまとめ直しのノートは、佐藤ママに倣い、母である私が作りました。

大きく色ペンで書くのがポイント。

 

あまりまとめに時間をかけない、時間をかけるべきは演習、そこは注意するところだと思います。

 

◆わからないところを残さず5年後期は完全消化でいく

C1に半年塩漬けでしたけれど、Sコースの問題にむやみに手を出さず、5年後期、Cコースを完璧に仕上げたからこそ6年での伸びがあったように思います。

6年で過去問をやる段階になって、個別だ家庭教師だつけるよりも、5年後期で苦手単元を作らないために、ここで個別や家庭教師を投入してでも完璧に仕上げていくほうがいいのかなと思ったりします。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ

f:id:smile2021:20210219004711p:plain