👉倍率の高い学校...やることやるだけ大丈夫

こんな記事読んじゃうと、2022組さん、萎えますよね... 今世紀最多...?

 

倍率が高い学校、第一志望者が多い学校、気になりますよね...

私も参考までに拝見しました ↓ 合不合の資料集

合不合判定テスト配布資料|中学受験の四谷大塚

 

f:id:smile2021:20211002185321j:plain

 

f:id:smile2021:20211002185343j:plain

 

うん... 第一志望者の数の多い学校。男女それぞれ1~10位。

これらの学校。倍率がね、高くなりますよね、うん... なんでもミスなくスマートにやる生徒さん、キレのある生徒さんが多い学校、という、私のイメージそのままだわ...


どんなに倍率高くても、やることをきちんとやるだけだもんね。


とにかくケアレスミスをしないことが大事になってくると思います。

できることをちゃんとやる。取り切る。


過去問演習や、模試で、やらかしたケアレスミスは、どうしたら防げるものだったのか、分析するの大事。我が家は、最後の合不合、筆算が汚いせいで18点も落としましたから... 速く解こうとすると気が急いて、字が汚くなってね... かといってのんびり丁寧にやっている時間はないし...「焦らず急ぐ」ことの難しさを、年末にひしひしと感じたのでした...

 

雑にやって点数落とすくらいなら、捨て問作って取れるもの取るほうが賢いとかね、小賢しいテクニック教えたくないけれども、点の取り方も工夫していく時期になると思います。

 

説明会がオンラインだと、問題用紙の原本配布がなくて、実際の問題用紙はどんな感じか、余白はどれくらいあるのか、確認ができない... 我が家は筆算のスペースに左右される子だったので苦労しました...

学校のホームページや、四谷の過去問データベースからダウンロードして、原寸で印刷して、よくよく確認しておくこと、大事。

 

 

受験生頑張れ! 応援してます!

あと4ヵ月もしたら、解放されているから!

つらかった日々も思い出になっているはずだから!