👉夢をあきらめるとき

学習塾でアルバイトをしていたとき。


10月の終わりがかなりつらかった。


どうあがいても、この子は間に合いそうにない。

そんなご家庭に、現実路線を考え直して、第二第三志望を固めよう、今、過去問に特化していけば、第二第三なら、間違いなく受かる、第一志望への憧れは、憧れのままで終える選択もある、今までよく頑張った、目標としては良かった、と、告げなくてはならない。(室長がね


国語が苦手で諦めるようなことになれば教科担当の私も同席でした…不甲斐ない自分に情けなくなりながらも、その頃は独身で子どもがいなかったからまだできた…


でも今、娘がいて。


自転車もがんばれば乗れる、逆上がりもがんばればできる、がんばれがんばれやればできる!と育ててきて。


なのに、12歳に、『がんばっても手が届かないことだってある』『現実見て手堅くいこうか』と、言わないといけないなんてね…  è¨€ãˆãªã„よ…


塾講師、子持ちだと、無理がある…


言うほうがつらいから

玉砕しても仕方ない、ダメもと、少しでも進学実績稼いでくれたなら、生徒は鵜飼の鵜、そういう方針の校舎もあるみたいですが…


はっきり言ってくれるのも優しさかな


でも可能性の芽を摘み取る行為


昨年、私は11月、メンタル崩壊気味でした。

10月末に、第一志望校を諦める子が出てくることで、志望校を同じくする集団の平均が、あがることを知っていたから…


第一志望専用機として仕上げていくここからがしんどい。


みんながんばれ!過去問しっかりね!


志望校がバラけてくるこの時期、万人に有益な記事を書くのが難しいけれど…いつも応援しています。親御さんも、しっかり食べて、しっかり寝て。お体ケアしてください。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ

f:id:smile2021:20210219004711p:plain