👉僕が親ならこう育てるね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕が親ならこう育てるね [ ひろゆき ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/11/20時点)

楽天で購入

 

私、学年で示すと、ひろゆき氏が1学年上で、ひろゆき嫁氏は1学年下です。

ひろゆき氏、学生時代に、友人を交えて何度かお目にかかったことあるんですよね。

数学科(情報数理科学科)の友人が、削ジェンヌしてましたのでね。

私ネット歴は長いですよ、Netscape & Enter ってコマンド打ち込んで立ち上げるころから使っていましたから...

 

で? お子さん、いたっけ? と思いつつ、こちら、サラっと読みました。

 

ある程度子どもが自分で自走できるようになるまでは、勉強の仕方を、勉強が得意な頭のいい親のほうがサポートしてやったほうがいい、という記述があり。

 

 そりゃそうだよー 親がちょっと手助けしてやるもんだよー 

 

でもさ、表紙には、親が頑張りすぎると子どもがバカになる!って書いてあるの。

は?私がんばってますけれども?がんばりすぎてるところありますけども?と、軽くイラっとしながら手に取ったら、中身、親が手をかけてやるべきだと書いてあるの。

 

ちょっとこの表紙のフレーズは、無いほうが売れたんじゃない?中身と違くない?

 

「自分の子に手を貸すのにためらう必要がどこにありますか?」という佐藤ママの御言葉と、「合不合より親の勘」という、ウカルログさんの御言葉が好きです。