👉コメントにお返事(24)(5年生冬休みの過ごし方)

5年生の親御さんから、冬休みの過ごし方についてアドバイスくださいとのコメントをいただき、以下、再掲します。

 

f:id:smile2021:20211203192412p:plain

 

ときどきコメントを入れてくださり、ありがとうございます。

わぉ!すごい成績伸びましたね!我が家の伸び方に近いものが?

(いやいやスタートが我が家よりだいぶ優秀だからそれは失礼かな)

我が家も2年前の今頃、ガツンと伸びて、初めてSコースに手が届きました。

 

f:id:smile2021:20211203193038p:plain

 

現状、我が家の娘5年冬のころと、同じくらいのレベル感ということで。

 

冬休みの過ごし方。

私がおすすめしたいのは、ズバリ、四科のまとめの算数!

5年の冬は下剋上算数の赤よりも。四まと算数がいいかもしれない。

下剋上の赤、意外と難しいし、習ってないこともまま入ってるし、まだランダム出題に慣れなくてもよい気がする。単元別にしっかり深堀りするほうが定着いいと思う。赤の基礎編で提示されてる偏差値帯、偏差値40から55への道、っていうけれど、これ、あの島津エピソード同様、6年2月まで勉強をつづけた人の40-55なので、赤の基礎編が簡単かって言えばそうでもない、と、受験終えて思いました。

赤の基礎編、6年になる春休みのほうが、効率よいかも。新6年で初めて、第一回合不合の週とかで多めに終わらせちゃうとか。

四科のまとめの算数は、6年の春休みになってから取り組もうとするも...  あれ?これ簡単すぎない?やらなくてもよくない?... ってなってました。やらなかった。汚さずきれいなまま終わりました。買ったのに。5年の冬にやりたかったな、っていうレベル感でした。

 

四科のまとめですら、ちょっと簡単だな、というお子さんなら、

予習シリーズ6年下の、「有名校」のほうは、どうでしょうか。

解説もなかなか詳しいですし、問題集として使えると思いますよ。

うちは一人っ子なので、上にきょうだいがいませんが、上にきょうだいがいて、受験を経験している親御さんなら、5年の冬やすみ、なにか復習に良い類題ねぇ...四まとか、6年下有名校からみつくろってやろうかな...なんて、なるんでしょうか。

 

我が家は、5年の冬、算・理・社は、サピックス冬期講習のお下がりテキストをやらせました。

四谷でSコースとなると、本当のライバルはサピックスにいるんじゃないかと思えてきませんか。そうなるとサピックス生は、冬になにやってるのか気になりませんか。

 

サピックス5年生の冬期講習のカリキュラムは

(これまた冬期講習や春期講習期間にも理社は単元が進むのよねさすが)

----------------------------------

F51-01    数に関する問題
F51-02    平面図形   → 図形転がしまくってます
F51-03    比と割合
F51-04    速さに関する問題

----------------------------------
F53-01    磁力と電気~電気のはたらき④~ →予習シリーズで手薄
F53-02    電磁石~電気のはたらき⑤~ →予習シリーズで手薄

----------------------------------
F54-01    戦争の時代(1)
F54-02    大正時代  →まぁこのあたりは高校講座日本史観るのがよいです

----------------------------------

 

四谷や早稲アカの冬期講習にも行かない、家で復習する、となると、この、サピックスが冬に力を入れている単元を、ご自宅でやる、というのはどうでしょうか。

 

5年冬にね...サピックスは磁石にかなり力入れてくるんですね。その一方、予習シリーズは電磁石手薄ですから…こういうところで6年春あたりに差をつけられちゃうんだろうなって。

 

それから、前の年から予備知識があると楽だよね、って、時事問題の、ニュース最前線や、サピックス重大ニュースを読ませていました。5年の冬、床に寝転がってみかん食べながら読んでた姿を覚えています。

冬休みだしね、疲れちゃうから。暗記系のものは、寝転がって覚えるのもOKかなと思いますよ。

 

さらに余裕があるのなら。

原田式算数プリントの理科、ばねてこ、浮力、滑車あたりを先取りしておくと楽じゃないかな、って思います。

サピックスのテキストと比べると、予習シリーズは、浮力、滑車、出てくるのが遅いんですよね。

 

あとねさらに余裕があるのなら。

虫の単元の例題を集めまくってノート作るといいですよね。

我が家、6年になって、虫、苦手で焦りましたね。

 

そして通塾について。

6年前期は進学くらぶでいいんじゃないかなぁ...と思います。

(我が家はずっと進学くらぶでしたけれども)

なぜなら。算数。

習うことがめちゃめちゃ多くて、難度があがるので、何度も動画見て家でじっくり勉強できるのっていいと思います。塾で質問教室に並んでいられないですよね。時間もったいなくて。そして、娘のときと動画に変更が無ければ、6年進学くらぶ算数は、エース蛭田先生です。わかりやすいです。

 

6年になると単元学習が終わっていく?うーん、受験終了組の立場からみると、あまりそう思わないです。6年にも、前期カリキュラム、ありますし。1度は、学んだ単元ですけれども、さらに深めてあったり、初めて出てくることもあります。5年のときと変わらず、毎週毎週、新しい気持ちで、一生懸命、その単元のテキストと問題集を深堀りして、得意単元に仕上げていくのは、夏休み前まで、変わらないと思います。5年生の頃と、取り組み方は、そんなに変わらない。

 

夏休みは夏期講習。

サマーサピックスの算数は本当推せます。サピックスって季節講習のみの場合、入室金、不要とうかがいました。(←2020年の情報)季節講習だけうまく使わせていただくのでもいいんじゃないかなと思ったり。夏休み、社会のデータバンクももらえますしね。進学くらぶ生でしたが、サピックスの夏期講習を推すだなんて薄情者。

通塾するのなら夏期講習から。そして秋に学校別を取る。というのでも、十分なのでは?あとは、お子さんの成績&モチベーション、通塾OR家、どっちが上がりそうかでしょうかね??

 

N=1の経験談に過ぎませんが、参考になりましたかしら???

またいつでもコメントください

(お返事かなり遅いですが...)