👉ノートにまとめている時間なんてないしコピーペラいちが好きだった


算数は、予習シリーズ、演習問題集、入試実践問題集のすべてを、ノートに貼り付け、A4のノートが322冊にもなりましたけれども。

理科や社会のまとめノートなんて作ったことなかったです。

 

親御さんが、公立中高御出身で、

『ノート点は評定平均に反映されるから、とにかく自分でまとめるのが大事』
『授業を受けてノートをまとめてから練習問題』

と考えがちだったら、中学受験ではお子さんがしんどい思いをしちゃうかも?

授業態度が大きく評価に入る公立では、ノートまとめも勉強のうち、と考えられているみたいですね。

 

中学受験では、まとめることより、まとまってるもの見て覚えるの大事。時間がない。

まとめてみようをまとめたことがない。まとめてみようは答えを拡大コピーして暗記することに専念。

 

中学生になり、休校中のオンライン授業なんて特に、板書取らなくてもスクリーンショットで事足りる。もう板書と取らせる授業なんて古いのかもしれませんね。授業をパワーポイントで行い、授業後にはそのパワーポイントが配信される私立中も、少なくはないんじゃないかな。パワポまではいかずとも、先生方はプリントを出してくださるでしょうし。もうノートをまとめる必要はないのでは?

 

インプット目的のノートづくりは必要ない時代が来てるのかも。
アウトプットのためのレポートの書き方は学んでほしいスキルだけれど。


中学受験勉強では、ノートづくりをさせないぶん、理社は、問題集を解体して、すべてコピーを取り、ペラいちに解かせてました。ペラ一枚にがんがん書き込んで解いていくスタイル。予習シリーズの紙、つるつるして書きにくいですしね。あれは書き込んで使うものじゃない。

サピックスのテキストもそんな感じよね?
問題集ひらいてーノートひらいてーってやらない。

 

コピー機でガーっとコピーできるように、片っ端から解体解体。

f:id:smile2021:20200901192406j:plain

f:id:smile2021:20200819101558j:plain

f:id:smile2021:20200819101537j:plain

f:id:smile2021:20200507191752j:plain

問題集には絶対に書き込みませんでした。解き直しできなくなっちゃうから。

 

中学受験には、この複合機おすすめです。用紙送り装置がついているから、問題集を解体すれば、コピーもすいすいです。

ブラザー MFC-J6983CDW 

・廃インクパッドの交換の必要なし
・インクジェットで約15万ページの高耐久
・大容量カートリッジ1本で約3000枚印刷可能
・モノクロ約1.3円/枚

f:id:smile2021:20200718124928j:plain

 

コ

2段トレイをおすすめします。

1段目にA4入れて、2段目にB4入れて、後ろトレイにA3差して。

サピックスのおさがりテキストは拡大してA3にしていました。

二つ折りにするとA4。予習シリーズと一緒に収納しやすい。

 

   

 

旧モデルは若干お安いようです。