👉白地図トレーニング帳を6年春に2冊買い!

 

6年の春に白地図トレーニング帳を2冊買い

4月の合不合までに、地理、総復習する必要があると思ったからです。(4科のまとめの社会はほとんどやりませんでした。ちなみに4科のまとめの公民単元は、振り返りに使うのではなくサブ教材としてどんどんリアタイで活用していくといいです。)

 

1冊目はフリクションのオレンジペンで

どんどん書き込ませる

赤下敷きで隠して暗記。漢字、間違うので、消せるフリクションがよかったです。なぜか、私も娘も印刷の文字を見るより手書き文字のほうが頭にスッと入るんですよね…手書きの微妙なゆらぎがいいのでしょうか…脳科学の先生も手書きで書くのがいいし、印刷物はちょっと斜めに貼るのがいいとか言いますね…チェックペンでいくら塗っても覚えがいまいち。秋以降、模試や過去問で間違えた、知らなかった事項は、母が、青ペンで追加書き込みしていました。この時期、もう母は国語の読解と、国語と社会の漢字チェックくらいしか手伝えることがなかった。子どもにはフリクション太めの0.7が、書きやすく見やすかったようです。

 

 

2冊目は解体してコピーを取り確認テストをする

解体して取ったコピーペラいちを渡し、家で小テストをしていました。丸つけには、自分で手書きで書いた1冊を見るのでスムーズです。

 

白地図トレーニング(Amazon)

 

 

白地図トレーニング帳 中学入試小4~6年生対象 (サピックスメソッド) [ サピックス小学部 ]

 

地理は、直前期まで、そんなの知りませんがな~ということがどんどん出てくる感じでした。どんどんこの1冊目のオレンジで埋めたほうに書き込みをして足していきました。