👉私立中学の授業料年10万円助成へ 東京都が新たな少子化対策  都は教育を私立中学にアウトソーシング?10万円配ってでも私立中に行ってもらったほうがいいと考えている?

私立中学の授業料年10万円助成へ 

東京都が新たな少子化対策

<

この記事を読んで真っ先に思い出したのがこちら。

「私立高校授業料44万円を全額公費補助してもなお都立高校の方が16万円公費負担が多い」

 

高等学校等就学支援金。私立高校の実質無償化がなされても、「高校だけ就学支援金があっても…中学には無いの?都内は中高一貫校がほとんどなのに?」って言われてきましたよね。高等学校等就学支援金も、約910万円がボーダーですよね。そこにあわせて、同じ所得制限額にしてきただけのように思いますね。違うのかな。

 

なんとなんと...公立中に通う子ども1人あたり、都は100万円の公費を使っている!?

 

東京都の私立中学生の学費助成。
公立中なら生徒1人あたり100万円の公費を使う。
私立中なら生徒1人あたり運営費補助金40万円+保護者助成10万円=50万円の公費負担で済む。
都は教育を私学にアウトソーシングしているというわけですよね。

 

国は、私学に通う家庭に公費補助をして私学に頼るよりも、公立の学校に公費補助をして教育の質を上げるべきだ、という意見には、賛同しますね。

 

まさに。就職氷河期世代の私たちはこうなるのかもしれない。就職氷河期世代は子育て氷河期世代でもあるとか言われていますよね。でもまぁ次の世代が子育てしやすい社会になるのなら...