👉麻布の国語

麻布の国語について、コメント欄にご相談をいただきました。私、個人的にとてもこの学校の国語の問題が好きで、指導も得意です。現国の中島先生の御著書もいくつか持ってます。


麻布の国語の出題形式について、本当によくまとめてくださっているのが「埼京さん」。埼玉を拠点とされているだけあり、立教新座の分析が「さすが」です。

「埼京」中学受験国語教室
国語家庭教師 ホームページTOP👇

 

麻布中国語の傾向と対策


「麻布の国語に類似校なし!」いやはやこれは名言。

 

学習院女子とは似てるなって思っていて、昨年指導し麻布に合格したお子さんにも学習院女子に取り組んでもらいました。


短編や雑誌の文章から出題されることが多いため、まず出典の予想的中が困難。そして約一万字と、とにかく長いので、国語に取り組めない日も目を動かすトレーニングだけは毎日。問題は解かなくていいので、問題文だけを5分と決めて読めるところまで読む。自分のスピードだと5分でどこまで読めるか掴むとよいです。 それから書くためには接続詞の種類と、使いこなせる文構造を多く持っておくことが大事かと思います。