👉国語の記述が得意な子が受かりやすい学校 国語の記述のボリューム

 

 

国語の記述が得意な子が

受かりやすい学校 

算数が得意な子が受かりやすい学校ってありますけれども、国語が得意な子が受かりやすい学校というのもあります。「過去問との相性がいい/わるい」という言われ方でまとめて語られることが多いですね。

 

国語の入試問題の記述のボリュームを意識してみると、併願が組みやすくなると思います。

 

600字以上の記述
桜蔭
雙葉
鷗友

 

500文字以上の記述
学習院女子

 

400文字以上の記述
明大明治

 

300文字以上の記述

頌栄女子学院
淑徳与野
神大附属
香蘭
普連土
日本女子大附属
恵泉
成蹊