👉四谷大塚進学くらぶ5年夏期講習

f:id:smile2021:20200514181743p:plain

(2019年度に5年生だったときの記事です。)

5年の夏期講習も、四谷大塚進学くらぶでした。

【四谷大塚 進学くらぶ 夏期講習】

映像授業7020円

テキスト5184円

計 12,184円

校舎と同じテキストを頂けます。

なんとリーズナブル。

夏期講習は短期間に詰め込むため、消化不良になりがち、などと聞きますが、進学くらぶでマイペースに進めることができました。やはり自宅学習が娘には合っていたようです。暑い中、通塾せずに済み、家で涼しく勉強ができたのも良かった。夏休み明けの組分けテストの成績も上々でした。

テキストに書いてある通りの順番で進めず、まず、講習会テキストの目次を見て、先取りにあたる部分は飛ばして、すすめました。

 

【夏休みの勝因】

算数

・お盆休みまでは夏期講習テキストで総復習

・お盆休み期間は親がつきっきりで比の先取り

・方程式を叩き込んだ

 (連立方程式の加減法/代入法まで)

・計算力の強化

 

理科

・中途半端な先取りはしないことに決めた

夏期講習テキストの先取り単元8、12、16は思いきってとばしました。どうせ今後やるし、予習シリーズで原理原則からガッツリ学びたい。マメ知識的な軽い内容はいらない。しかも夏休み明けの組分けには出ない。浮力なんて6年上第2回、半年も先だ。今は先取りする必要なし、と判断。

 

社会

・てつおう年号ソングと高校講座日本史を鬼リピート視聴

・年号暗記を完全に終わらせた

社会の歴史をかなり仕上げておいたので、5年後期の通常回では理科に時間をかけられた。先取りとしての歴史マンガは読まなかった。『好きじゃない』『かえって頭に入らない』と。予習シリーズで勉強してから読むほうが内容がスッと入り良かったらしい。無理にマンガは読ませる必要なし。

 

国語

・語彙集をコツコツ進めた

国語大得意な本の虫ですが、言葉の意味を知らないと読みこなせない問題が増えてきたので、語彙集を投入。