👉数と規則は男子御三家の場合出題の4割近くを占める合否を分ける部分らしいけど

 

 

 

6年後期予習シリーズの予定表を眺めると数と規則多すぎると思わない?

 

 

男子御三家を受けるわけでもないのに、6年後期にこんなに数と規則に時間を割いても…って思ったりしながらも…6年後期予習シリーズはとりあえず全問解きました。入試実践問題集も2周やりました。終えてみて。特に女子は、難しい問題は飛ばしてもよいような気がします。

 

数と規則の回は、週テストの受験者が少なかったです。やっぱりそうだよなー女子はとくにそうだよなーとは思いながら、週テストは毎週きちんと受けてしまいました。志望校の過去問をよく見て、数と規則、どの程度出てるかをチェックして、その週の週テストはパスするのも、ありじゃないかなと思います。志望校の過去問に、数と規則、そんなに出てる?

 

うーん、これ、他塾の後期のカリキュラムはどうなっているのかな?こんなに数と規則やってますか?

 

後期のカリキュラム、文章題、図形、数と規則、のローテーション。代数、幾何、数B、のローテーションみたいな感じかなって。

 

塾なしで後期どうやって勉強していくよ?と夏の終わりに戸惑っていましたが、塾に通っていても、後期は理社を切ったり、必要ない単元はお休みしたり、個別で過去問見てもらったり、というのも聞きましたから、各人が志望校に向けて、調整していかなくてはならないのは、塾なしも塾ありも、同じなんだなと思っていました。拘束時間がないから塾なしのほうが柔軟に動けていいな、とも思いました。

 

合不合週は暇になりますから、そこで過去問をやったり弱点をつぶしたりできます。基礎固めができるのは夏まで!穴を埋めるのは夏まで!とか聞きますが、穴をふさぐのはぜんぜん後期でもできます。過去問やりながら弱点補強していけます。