👉ちょっと話をするにも気を遣う?過去問の発売日についてのお話

 

昨年中学受験を終えた知人に聞いた話。

 

あるママに「志望校の過去問、もう買いました〜?」って聞かれた初夏、ちょっとメンタルに来たんだよね。声教の過去問の発売日って、ざっくりと偏差値順、知名度順じゃない?うちは初夏に成績下がって、あの時点ではまだ発売になってない学校を第一志望に考えていたから、「えっなにこれ、マウント?うちの子は最難関狙いですってアピ?うちの子の志望校の過去問の発売日は、まだちょっと先。発売されてないよ。」って思ってザワザワしたんだよね。

 

って… え、そうなの…

 

じゃあ、Twitterとかでさ、第一志望校の過去問がAmazonで届きましたぁ〜とかも呟かない方がいいやつ?もしくは匂わせとかフェイクで呟くやつ?

 

改めて調べてみたら、過去問発売日って、学校によってかなりバラつきがありますね。最近ポチったら前年のものが届いちゃった〜まだ今年の発売になってないみたい〜って、ボリュゾかな?とか、透けて見えるところがあるよ、って話になるのかしらね。

 

冬期講習あたりでお友達同士が探りを入れてくるからそこも嫌だったと言っていました。

 

面接の有無、お弁当の有無、参考書の持ち込み可/不可、カラーペン使用の可/不可、などなど、ちょっと話せば、消去法でどこかだいたい見当ついちゃうものね… 参考書持ち込めないよね親預かりだよね、ってJGか…? コートは畳んで椅子の下だよね、って麻布か…?とかね… 色ペン使えるからさ、って、早稲田か…?女子なら吉祥か…?共学…?広尾?とかね…

 

 冬期講習や直前講習でサイン帳書いて!も誕生日が合否サイトのパスワードになってる学校とかまずいよ、というお話も聞きますね…

 

秋あたりからは、センシティブな話題は、聞かない、答えない、って、そろそろ意識したほうが、いいのかもしれません…