👉試験本番に備えて購入したもの

【1】腕時計。CASIOのもの。

つけ心地よし◎。チープなつくりですが、ベルト部分に金具が使われていないのでかゆくなりにくいそうです。

見やすさよし◎。白地に黒文字、問題用紙と同じ配色なので、目をうつした際に、脳が認識しやすく見やすいそうです。

実際に時計をつけて過去問を解いてみるとよいです。

針は12時0分にあわせておいて、試験開始と同時に押し込むと、時間経過がわかりやすいですよ。

 

【2】替え電池

自他ともに認める心配性&凝り性。

上のCASIOの腕時計の替え電池も購入。2週間前に新しいものに入れ替えました。

この腕時計の電池は、SR626SWでした。

 

こちらがあれば裏蓋を外すのもラクラク。

 

【3】厚手マット紙

受験票はペラペラではなく厚手の紙に印刷したほうがいいと気づいたものの、こちら「プラスインクジェット用紙 A4 きれいなマット紙 250枚 ツヤ無し仕上げ」という商品は1月には完売、と終了組の方のブログを拝見していたので、早めに準備しました。

我が家は、受験票、子ども用、子ども用予備、親用、親用予備、親用予備2、と5部くらい刷っていました。(心配性すぎ)

試験本番は、受験票が机から落ちないように仮留めする弱粘着の両面テープが役立ったというお話もよく聞きますね。うちも貼った学校もありました。(しかし貼っちゃうとお手洗いに立つときは上にカバーする何かが必要で...黒厚紙持たせました。貼ってはがせるシール台紙やクリアファイルみたいなのも持たせていました。これに貼り付けて持ち帰ってきてねと。)

 

【4】常備薬

腹痛と乗り物酔いに備えて。 小中学生用ストッパ下痢止めEX 12錠と、トラベロップ。

エチケット袋は万が一の時にも使えますが、コンサートホールなどでもガサガサ音がしない、しっとりしたタイプなので普段から鞄に忍ばせて使っています。

あとは、マスクケースなどもほしいなと思ったのですが、もうマスクは使ったものはごみ袋に捨てて、どんどん新しいものをつけさせていました。汚れたものを長くつけさせない。健康管理の一部として。

 

【5】自立する紙袋

やわらかいエコバッグにかさばるコートを入れるとゴロゴロする。

模試のときから、コートは長方形に整えてたたんで、自立できるような縦長の紙袋にスッと入れて、机の横にかける、というのが、娘には良いようでした。

模試のとき、前の席の子が"椅子の背もたれ"にコートを掛けていて、なんどもズレたのを直したりしていて、「もう!!!気が散った!!!」と言っていたことがあり。その程度で散らす程度の気なのか?しゃんとせんかい?と思いつつも、周囲への配慮って大事だよね...と思ったのでした。

 

【6】ブドウ糖

脳のエネルギー源。軽食不可、という学校や、軽食不可とは言っていないものの過去の受験生が食べ物を持ち込んでいなさそうな学校を受けるときは、このブドウ糖5~6粒を、ミネラルウォーターに溶かして、そういわれればほんのり甘いかな?程度のお水にして持って行きました。

 

f:id:smile2021:20200514181743p:plain