👉中学1年生の4月 まもレール申し込みしました AppleのAirTagをリュックに入れました

 

まもレールとAirTagをおすすめします

 

自宅から学校までは近いほうではありますが、入学直後は、電車通学が心配でした。初登校の日は、学校最寄り駅まで付き添ってしまいました。通学時間帯の地下鉄は、さほど混んでおらず、乗ってちょっとしたら座れる感じ。

 

定期券を無事購入したあと、次は、『まもレール』の申し込みをしてみました。位置情報アプリのマップを使い、子の場所を知りたいたいと思うも、子のスマホの電源は学内では基本オフ、登下校時のみ、もしくは緊急時のみオン、という学校が多いのでは?義務教育ですからね。学内ではスマホ使用不可のところが多いですよね。

 

まもレールは、子どもが改札を通過すると、保護者にメールが届くというサービス。チャージ残額もメールされてくるので所持金いくらかも毎日わかる。

 

申し込み方法は。

親と子の健康保険証の画像ファイルと、定期券表裏の画像ファイルをアップロードし、月額使用料引き落としのクレジットカード番号を入力。

7日~10日で登録されるとのことで、利用開始まで一週間ほど待ちました。

 

 

 

 

加えて、AppleのAirTagをリュックに入れました。

こちらはスマホを電源オフにしているときに便利。周囲の電波を拾って、位置をお知らせしてくれるようなので、今、だいたいどこにいるのか(学校にいるかどうか。部活で残ってる?委員会で残ってる?)が、ざっくりとわかります。設定もかなり簡単でした。ボタン電池を年に一度くらい交換でいいらしいです。

 

f:id:smile2021:20210219004711p:plain