Smile中学受験

Twitterやblogで引用するときはURLのリンクでお願いします コピペ・スクショでの拡散禁止

👉中学受験 撤退しやすい勉強の仕方でやってた

 

中学受験 撤退しやすい勉強の仕方でやってた

 

我が家、中学受験を考えたのが、すでに塾では新5年生が始まってしまっている、2月14日のバレンタインデーでした。

 

普通、3年生の冬(新4年生から)塾に行きますよね。もっと前からかな?

 

我が家、完全に出遅れてしまっていたので、もうとにかく点数取れるなら何でもあり、方程式も使う、連立方程式も使う、√ も使う、π も使う、nPrの公式も使う、nCr の公式も使う、等差数列の公式も暗記させた、 等差数列の一般項の公式も暗記させた、で、予習シリーズの解説のほうがわかりやすいならそっちでよし、特殊算もひととおりやったけどわかりにくければもう方程式にしちゃいなさい、としていました。

 

いつでも中学受験から撤退しやすい勉強をしていた。

 

どうせこれは中学生・高校生になったら数学でやるから、理科社会は中学生でやる内容の先取りだから無駄にはならないから、国語はもう生涯ずっと役に立つから、ということで、「中学受験のために」する勉強をできるだけ少なくするように考えてはいました。

 

👉塾なしだったからテクニックに全振りできた

👉学校説明会で聞いていました「方程式は使っていいですか?」

 

夏休み前になって、特に、四谷と早稲アカの6年上の算数って難しいですから、親子のバトルが増えたりして、塾の先生は宿題多めに出したりして、6月は祝祭日もないし体力的にしんどくなってきて、もうダメ!撤退!ってなりがちなんですよね... 魔の季節だと思います。 塾のハードな授業についていけない。6月~7月中旬まではいったんお休みして、親塾で立て直しをはかったり、カテキョでゆるく勉強を続け、夏休みには、夏期講習に行けそうなら行く、無理そうなら高校受験を考え始める+夏休みは英語塾に通い始める、というのはどうでしょうか。 中学に入ってからも勉強は続くのだから、今現在、体力的にも精神的にも無理をしているのだとしたら、無理のない範囲で勉強は続けて、出願する時期が来たら、どうするか考えるのでもいいのではないですかね?できる範囲で勉強は続けておく。結局中学受験か高校受験をするのですから。