👉国語の問題文に線引けって言われるけど?

私も娘も、国語の読解には、あまり線はひかないほう。

線はひかないけど、記号でマーキングしていきます。

 

娘、5年のときに、線をひいていたら曲がってしまい取り消し線のようになってしまって、重要な言葉をかえって見落とす、というヘマをしまして。

いやー線ひけばいいってもんじゃないよーと。

線ひくとかえって見づらくなることありません?

 

きちんとルール作ってやっていくといいです。

大事なところを目立たせよう、というルール。答えを浮かび上がらせよう、というマーキング。

 

こちら、ちょっと一例に作ってみました。

著作権の問題があるから、問題そのものにマーキングして載せられないしなぁと。

 

f:id:smile2021:20210822010520j:plain

どうですか?ここにだいじなことが書いてあるんだな、って、目立つ感じになってませんか? 浮かび上がってみえませんか?どこ見て答えればいいかわかりやすくないですか?

 

我が家が実践していたルールは

 

・意味段落のまとまりごとに、上部に▽を書き入れておく。

・重要な段落には、上部に★をつけておく。 

・文中、大切なところに線をひくのではなく、重要なキーワードを丸で囲む。

・逆接の接続詞や、反語のところ(ではなかろうか?ではないか?など)には、△をつけておく。この△の前後については、答えになる部分が多い。

・AとBの対比、のような構造のときは、Aはー Bは〰などで分けるマーキングをする。

 

早瀬先生のメソッドでも、意味段落のマーキングの重要性は言われてますよね。

 

意味段落分け、役立ちますよ。やったほうがいいです。

 

たとえば、『傍線アはどのような意味ですか、説明しなさい』と書かれていて、どかんとお弁当箱、長い記述。さて、どうしよう、何書こう、何も思いつかないや。白紙で出しちゃった。もったいない。

 

そりゃそうです、わざと漠然としたわかりにくいところに線ひかれてる、これ、言い換えれば、「この意味段落の要約を書きなさい」っていう問題だよ、と言えば、すんなり書けたりします。

何も思いつかない、部分点狙いで何か書かなくちゃいけない、なら、その傍線が含まれる部分の要約を書けば、何かしら点もらえるかもしれません。主語目的語述語が入った形にして。長丸で囲んだキーワードも入れて。

 

キーワードを長丸で囲むのいいですよ。

同じ意味の言葉を文中から抜き出しなさい、なんてときに、長丸から探せば見つかりやすい。

 

マーキング、とっても重要。

超長文、なんて言われる学校を受けるときは特に。

マーキングの技術があって、要約力のある子が欲しいんだろうなって思われる出題です。速読の技術の一部になるのかな、あとから自分でわかりやすいように印つけながら読めると強いです。

 

これから、過去問を解いたり、模試を受けたりすると思います。

テスト後の解き直しのときには、どうマーキングしたら解きやすかったかという視点で見直して、子どもに、マーキングさせてみるといいと思います。

親子でよーいどんでそれぞれ問題を用意して解いてみて、答え合わせするとき、「私はここにマーキングしたから解けたよ?」と、お互いの問題用紙の汚し方を見比べたりもしていました。

 

下剋上算数の桜井さん。国語の問題用紙のコピーを取って、重要な部分にはラインマーカーを引いてやり、ヒントを与えたうえで解かせたりもした、って、御著書に書いてありました。解くときにはマーキングするものなのだ、と、叩き込んだわけですね。

 

昨年、コロナでオンライン授業が多かったですよね。先生が生徒の手元を見てくれていないから、マーキングの技術を十分習得できないままで、国語が伸び悩んだお話なども聞きます。家庭教師や個別指導に課金して成績があがるパターンは、手元を見てもらってるからだと思います。マーキングの技術。

 

過去問を塾の先生に提出するとき、問題文の線引きの仕方はこれでいいか、そこも見てもらったほうがいいです。国語の過去問、解答用紙だけ提出すればいいです、っていう先生は、指導力ないかも。(二月の勝者で黒木先生は、解いた形跡まで見てましたね。算数ですけれど。今川母から国語の問題文も預かってコピーしたかな?)

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ

f:id:smile2021:20210219004711p:plain