👉過去問のスケジューリングには「ふせん」を使いました

過去問、いつどの学校の何年度をやるか。

(個人的には夏期講習が終わるより前に過去問に取りかかることはおすすめしません)

 

計画立ててやらないと、なにげに、時間ないです。終わらない...

 

我が家は、「ふせん」を活用して、過去問カレンダーを作っていました。

ふせんだと、貼ってはがして移動できるから、スケジューリングに便利。

 

 

まず、ふせんに、学校名と年度を書いて...

f:id:smile2021:20210903233839j:plain

 

 

カレンダーに貼っていく。

 

エクセルのテンプレートを使いました。

f:id:smile2021:20210904000107p:plain

 

 

我が家は、水曜日と日曜日が過去問の日でした。

本番慣れできるように、4教科通しで解くようにしていました。

f:id:smile2021:20210903233918j:plain

 

で... 

いざ、ふせんを貼り付けていくと...  ふせんが余るんですよ!

ええ!?やばいやばいこの学校のこの年度のこのふせんどこに貼ろうかな!?!?あいてる日ないな!?ってなりました...

 

ああなんか今週無理だったな、ふせんたち、いったんお引き取り願いたい...という週もありましたし... 過去問の解き直しだってある。合不合の過去問だってやりたい。合不合が入ってくる週もあるし。

 

時間がない、と思いました。塾なしなのに。我が家は後期も週テストを続けていたから、土曜日がつぶれるのは当然ですが、これに加えて、通塾生は、平日通常授業もあり土日に特訓や学校別がありとなると、みんないつ過去問やってるんだ!?と疑問でした。

 

早めに、だいたいこんな感じで進めようかな?と、貼ってみるといいと思います。貼ってはがせるふせんの利点です。

 

12月にめちゃめちゃ張り付けたように記憶しています。年末年始にたくさん。

 

9月、10月、11月、12月、1月...   5ヵ月。

5枚のカレンダーにふせんをちりばめてみてください。

意外と...貼れるところがない!(焦らせてごめんなさい)

できる日に!できる時に!やるぜ!過去問!ってなりますね 

なんとなく10月からでよくない?とか言ってられないわ、実力的には届いていると思われる併願の抑え校だけでも9月に見はじめよう、ってなるはずです。

 

 

カレンダーには、点数もメモしておくといいですよ。

だんだん伸びてくる点数を見える化できます。上にごきょうだいがいらっしゃる方は、上の子のデータを取っておけばよかった、とよくおっしゃいます。直前期の伸び、バタバタしていて意外と気づかないですが、カレンダーにメモしておくと見えてくると思います。やればやるほど取れるようになってきます。

 

f:id:smile2021:20210219004711p:plain