👉進学くらぶ スケジュール「1週間のスケジュールを教えてください」というご質問が多いので

進学くらぶ 1週間のスケジュール

「1週間のスケジュールを教えてください」というご質問を多くいただきます。我が家は新5年から、受験勉強を始めましたので、4年生を経験せず。5年からのルーティンです。でも参考にならないかも。塾なしだったから、時間割なく、自由にやっていたので。

 

スケジュール帳は使わなかった

スケジュール帳やホワイトボードは使いませんでした。曜日ごとに、なにをどこまでやるかを決めていたので、それらは不要でした。進める単元は、四谷大塚の学習予定表に従いました。夏休みはこのようにすすめました👇

smile2021.hatenablog.com

 

 

偏差値60の壁は勉強開始3か月で超えられた

正規分布していれば、偏差値60以上は上位15%、65以上は上位10%。なかなか難しいものなのでしょうか。新5年から受験勉強を開始して3ヶ月、気付いたら60を超えていました。5年最後の組分けでは66。曜日ごとのルーティンが固まってから、ぐぐっと伸びましたよ。塾なしだったので、この曜日はこの科目、という縛りがなかったのはよかったです。私はどうも、「塾は効率が悪い」と思ってしまいます。

 

日曜日に全力ダッシュ

5年生は日曜日に思いっきり頑張るスタイルでした。日曜日は9時間くらい勉強していました。日曜日のうちに、週のカリキュラム全体の内容をおおまかに把握しておきます。(なので組み分けで日曜がつぶれた週なんてもう大変です)

 


何をどこまでやるかは曜日で決めていた

👉日曜日(スタートダッシュ:理社算)

朝~昼。理社の映像授業を観て、予習シリーズの内容を頭に叩き込む。時間がかかる「まとめてみよう」はまとめずに、答えを見てさっさと丸暗記、演習問題集を終わらせる。午前中は理社。おひるごはん食べるまで理社。

午後~夜。軽く、母の私がその単元の導入をする。軽く教える。算数の予習シリーズを、どんどん解いてく。(親がノートにあらかじめ問題を貼りこんでおく)演習問題集に手がつけられそうなら、こっちもどんどん解いてく。(こっちも親がノートにあらかじめ問題を貼りこんでおく)わからない問題にはふせんを貼り、予習ナビを見たりもする。

 

👉月曜日(算数:全て1回解き終える)

月曜日までに、算数の予習シリーズと、演習問題集は、全て1回は解き終える。わからない問題は、しっかり映像授業を観て理解する。解き直しが必要な問題には、ノートにふせんを貼り目印をつけつつ、どんどん解き進める。月曜は全力で算数の日。理社は軽く暗記だけ。


👉火曜日(ノー勉)

は小学校が7時間授業のため疲れているので、ノー勉で19:00就寝。土日も勉強しているから火曜日くらいは休む。


👉水曜日木曜日(算:2~3周目 理社:応用)

算数の映像授業(予習ナビ)を観て、解き方の徹底確認。算数:解き直しを頑張る。算数演習問題集の、2~3周目に入る。

理社:応用演習問題集をやる。5年の応用演習問題集は当初いらないかと思っていましたが、無いとだめです、演習量大事です。5年6月ごろ買い足しました。あー本当に演習量少ないんだなって、5年前期の星と月の単元の週テストがボロボロだったことと、サピックスの理科テキストのおさがりをいただいて、こんなに5年からやってるんだ?と衝撃だったのもあります。5年後期は、サピックスのおさがりテキストを、四谷のカリキュラムにあわせて解いたりもしていました。四谷の予習シリーズの物理単元、ありゃダメです。


👉金曜日(週テスト問題集の日)

週テスト問題集を、算数、理科、社会、それぞれ2年分やる。間違った問題は解き直しノートに貼ってやる。


👉土曜日(週テスト当日)

午前中に漢字の最終チェックをし、午後はYT週テストを受ける。土曜日の母。子どもが土曜日週テストを受けている間、母は、来週分の算数、予習シリーズと演習問題集のノート切り貼り、理社週テスト問題集のコピー、理社のプリント印刷、社会と国語の漢字のお手本書きをする、など、準備をがんばる。理社のプリント印刷は、吉田塾さんのものを使わせていただいておりました。

 

👉土曜日の週テスト帰宅後

すぐ次の週の漢字とことば、5年後期は歴史の漢字に取りかかる。(得意な国語は夏休み前まではほぼノー勉でした)

 

教科ごとの時間割のない塾なし(進学くらぶ)だからできることかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。