👉サピックス生は夏期講習でやっているところでしょうか「こだま」の問題

サピックスの解説では計算式で書かれていたけれど、6年の夏には娘はダイヤグラムで解くようになっていました。

 

娘曰く、音速340"の傾きでダイヤグラム描き慣れると、この手の問題、あっさりと解けるようになると。

 

ドップラー効果のダイヤグラムについては、原田式算数理科プリントの、「音」をマスターしたら、描けるようになりました。

本当におすすめの教材です。これが無料とは。ありがたい。

👉原田式算数理科プリント 速さの比 音速(1)

 

娘は、6年春まで、ほとんどダイヤグラムを使わずに線分図でなんとかしていたので、慣れるまでは、線分図で頑張れば点数取れる問題も多いように思います。

線分図の説明は、こちらの受験ドクターさんもわかりやすいです。

👉ドップラー効果の計算問題の解き方~汽笛は何秒間聞こえるか?~|中学受験プロ講師ブログ

 

動画解説だとこちらがわかりやすいと思います。

こういう問題、就職活動のSPIの非言語のほうで出たりするから、中学受験経験者はSPIに強いというの、あると思います。


こちらのドップラー効果の解説は、ダイヤグラムですね。