👉児童手当とか高校無償化とか大学等無償化とか奨学金とか

私立高校実質無償化

(文部科学省HPより)

 

こちらは、私立高校を通して手続きをするもので、支給は私立高校にいったんまとめて払われてから、授業料と相殺される形となるそうですね。

 

 

 

 

 

配偶者控除が見直しになろうとなるまいと、我が家は2018年の配偶者控除の見直しのときに既に扶養については考える必要なし、扶養はなし、って感じになっており。働いてもいいし働かなくてもいいし。支援金が一切なくても、まぁ一人っ子だし教育費他には余裕あるし。という感じなので、中学受験がっつり伴走したかったのと、もともと体力がないので、家事育児仕事のバランスを取りながら器用にたちまわることができそうになく、子どもが6年生の間の1年間は休職していました。家事育児に重きを置きたいというのは今後も変わらないので、働くとしても短時間だなぁ、働くよりもう一度勉強したいなぁ、私にとっては時間的余裕=精神的余裕だなぁ、と思っているところはありますね。

 

夫の海外駐在で我が家が該当する可能性が出てくるかもしれないのはこれかな。